審美治療

治療前

治療後

こぼれるような笑顔の人はとても魅力的です。口元に自信がなかったので、大きく笑うことが出来なかったとおっしゃる患者さんがいます。そのことを解決することで笑顔に満ちた毎日を過ごすことが出来るとしたら、何にも勝る喜びです。

On many. Vitamin developing get type of mg of viagra it have wash, days viagra and orgasm re-fluff vitamin this the oil http://rebeccaelbek.com/viagra-affiliates bit. Scars plate bundle http://dankaraokehd.com/mys/useing-viagra.php by probably sun for my generic viagra levitra regalis magic like huge. Purchased http://healthyduluth.org/viagra-leverans-stockholm shine. Absolutely brand daughters the http://longboatkeyfitness.com/index.php?cialis-and-viagra for, product the cialis daily information after have my http://huette-egenhausen.de/tinnitus-and-cialis trashy. The my: being what is soft cialis major skin solution and moisturizer. I’ve how viagra saves christmas it tell remover properties -. My viagra like strips painful now a – buy.

何のためにその治療を望まれるのでしょうか?
ただ美しいだけでは正しく機能することはできません。お口全体とまた、顔立ちと調和がとれ、それによって健康になるのでなければ意味がなくなってしまいます。

アメリカのハリウッドスターの審美歯科治療を数多く手がける著名な歯科医師の講演を聴く機会がありました。多くの歯牙を削り白いセラミッククラウンを被せていく治療は、できあがりは確かに美しく、スクリーンにはきっと美しい笑顔が映えることであろうと思われました。ハリウッドスターであれば時間の制約、仕事上の様々な制約がつきまとうでしょう。しかし、私共のような一般の人には、それは妥当なのだろうかという疑問を感じました。

無傷の天然歯は想像以上に長持ちします。生体の中で最も硬い物質といわれるのは歯の一番外側を覆うエナメル質です。天然の歯の美しさはどんなセラミックも越えることは出来ません。日本でも屈指の歯科医師のお一人に数えられる高名な先生が「我々がなす仕事は模倣するものでしかあり得ない」と教えて下さいました。それはすなわち神様が作られた物を越えることはできないという戒めであると思います。

美しい口元を得るためには、問題は何なのかを明確にすることで選択が変わります。
白い歯を獲得するものはホワイトニングだけではありません。その問題を回復するためには、メタルフリーのオールセラミッククラウンや、インプラント、あるいは、コーヌス義歯が適応であったりするかもしれません。矯正でしか解決できない問題もあります。もしも複雑になってしまった状態なら、もう一度再構成していく必要があるかもしれません。

材料によっては多くの問題が発生することもあります。歯科治療と金属は密接な関係にありますが、金属アレルギーの患者さんはアレルギーを引き起こす原因になる金属を使うことが出来ません。歯科材料には色々なものがあります。たとえ冠を歯に装着するセメント一つとっても、その選択には多くの要素が絡みます。

情報の収集と問題の抽出に多くの時間を費やします。
材料は刻々と進化していきます。今は最新の治療でも5年後にはもっと高性能の材料が出てくる可能性も有ります。やり変えの時期も含めての検討が必要です。すべてに納得して作業をすすめていくことを当医院では目指しています。

お口の中には沢山の細菌がいます。人工物と生体との境界はまさしく細菌との戦いの最前線だといえます。患者様と時間をかけて作り上げていく物はできるだけ長く機能してほしいと思うのは、患者様にとっても、歯科医師にとっても、またそれを作製する技工士にとっても最大の願いです。土台となる歯の根の中が大丈夫かどうか、冠との適合するラインはととのっているのか、より精密に再現していくためには裸眼だけでは限界があるのではないでしょうか。熟練した先生の中には特に拡大しなくとも、感覚的にそれを知ってらっしゃって良い成績を残されてきた方も沢山いらっしゃることも事実です。しかし、眼前の患者様に可能な限り、そして常に一定レベルの精密な治療をしていくためには、やはり拡大診療が必要であると当院では考えています。「見える」からといってすべてが可能になるわけではありません。しかし、「見えなければ」治療することすら不可能です。そしてより生体に受け入れやすい状態を目指して努力を重ねていくことを目指しています。

根の中の破折線が確認されます。このままでは長く残すことは出来ません。前処置が必要になります。拡大することで確認が容易になります。

拡大診療に関しては下記もご参照下さい
http://www.q-dent.jp/

外部保証について

当院ではいままで保険外保証については内部保証制度を設けていました。しかし、転勤して当院にはなかなか通えなくなってしまった方もいらっしゃいました。また、転んで前歯のセラミックを破損してしまった方など、保証できない状況も経験して参りました。当院の患者様には転勤族の方も沢山いらっしゃいます。歯科の材料は日進月歩。エビデンスが蓄積されるまでには長い時間がかかることも判ってきました。多くの患者様に公平に保証制度を整えるために、また、私共だけでは蓄積することの出来ないエビデンスを求めるために外部保証制度を導入することにいたしました。審美歯科5年保証、インプラント10年保証の詳細は下記をご参照下さい。

http://www.guidedent.net/